2013年2月アーカイブ

 私は38歳ぐらいから、朝起きてもいつも体がだるくて、主人と子供を送り出してから午前中の10~11時ぐらいまで、再度寝てしまうといった生活がずっと続いていました。

 
 これってたぶんよく云う更年期障害なのでは?と思っていろいろ調べたところ、更年期障害はホルモンのバランスが崩れて発生するので、プラセンタのサプリメントを飲むのがいいよと友人に教えてもらって、それ以来プラセンタサプリメントを毎朝飲むようにしています。
 
 友人の薦めもあって、プラセンタ100という業界でも有名だという物を取り寄せてみました。
 
 毎晩数粒飲むだけでいいので楽に続けられそうです。
 
 更年期障害のために通院したり、お薬を飲んだりするようりはヘルシーで簡単です。
 
 飲み始めて数日経ってから、何だか朝2度寝しなくても昼間に元気に活動できるようになってとても感動しました。
 
 家事も全部午前中に終わらせる事ができて、ラッキーです。
 
 体のだるさが抜けた以外でも、顔にハリが出てきたり、髪の毛に艶が出たりして、以前よりはモテるようになりました。
 
 老若男女問わずにきれいですねと言ってもらえるのが、私にとって一番モチベーションが上がる瞬間なのです。
 
 加齢によって増えていく悩みを一つずつ改善してくれる便利なプラセンタに、頼りっぱなしの私です。
 
 
 

まず、ハイドロキノンとはどういった効果があるかと言いますと、シミの原因ともなるメラニン色素の働きを阻害する働きに優れ、「できてしまったシミ」の改善に非常に有効である成分です。その効果は「肌の漂白剤」や「肌の美白剤」と言われるほど高い効果をもっています。

①しみに働くメカニズム
具体的なメカニズムとしては、肌にシミ・シワを作る「チロシナーゼ」と言うメラニン合成にかかわる酵素の働きを阻害し、メラノサイト(メラニン色素を作る細胞)の数を減少させると言うもの。さらに既にあるメラニン色素を薄くさせる還元作用を持つことで、シミを作らせないと言う予防の働きの他に、すでにできてしまったシミを徐々にケアしながら取り去ると言う力があるのです。

②医療の現場にも使われている成分
美白作用のある成分にはビタミンCやアルブチンなど色々なものがありますがここまで即効性に優れ、

尚且つ今あるシミを消してくれる美白成分はハイドロキノンだけですので、

医薬品として世界中で広く利用されています。

③不安定な成分
ただ高い美白パワーを持つ反面、酸化・分解・変色しやすいと言う不安定な成分でもあるため取り扱いが難しく、保管する際には注意が必要になります。

また濃度が高いハイドロキノンは副作用を引き起こすこともあるのも事実です。

化粧品として使用する場合には配合濃度に注意し適切なものを選ぶことが大切です。


では、どういったものを選ぶのがいいか?ということですが、

やはりシミで困っている人で一番求めている効力は、すぐにシミが消えて欲しいという即効性だと思います。

ビーグレンは今あるシミを撃退するハイドロキノンと、

これからできるシミを予防するという話題の成分「シムホワイト377」をダブル配合、

更に優れたピュアビタミンCも配合し確実に肌の奥深くへと届けます。

そのため即効性があり、多くの方に指示されている製品になっています。

アメリカ生まれの国際特許・独自の浸透技術を生かし、

療現場でも用いられているほどの浸透技術を持っているため、安心して使うことが出来ます。"

脱毛口コミランキング
 

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

このアーカイブについて

このページには、2013年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ